ブランド品のジュエリーを安全に取り扱う方法

ブランド品のジュエリーを取り扱う際は、ジュエリーや他のブランド品に傷がつかないように安全に取り扱う必要があります。取り扱い方に気を付ければ、ブランド品に傷を付けず、綺麗な状態で長く利用できるものです。適切な取り扱い方を覚えて、丁寧に利用しましょう。まず、ジュエリーを身に付けた状態でのレザー製品の取り扱いは慎重に行いましょう。
レザーの表面に硬い宝石や尖った貴金属が触れると、傷や破損の原因になる事があります。
バッグを持つ時や、靴の着脱等、ジュエリーがレザーに触れやすいタイミングは様々にあります。



毎日の活動中にジュエリーとレザー製品とが接触しやすい場面を把握して、意識的に危険を回避できるようにしましょう。

次に、ジュエリー同士がぶつかり合う状態で使用したり、保管したりするのを避けるようにしましょう。

トランテアン ソン ドゥ モード関連情報を紹介しています。

例えば、純金のネックレス等は表面に傷がつきやすいので、物にぶつけたり、ひっかけたりする事がないようにします。


また、ダイヤモンドであっても別の宝石と一緒にしておく事は、傷や破損の原因になるので注意しましょう。
特に、保管の際はジュエリー毎にジュエリーボックスへ入れておくか、仕切りのあるジュエリーケースで別々にしまえるようにして、ジュエリー同士がぶつかり合ったり、擦れ合ったりしないようにします。

2ちゃんねるが有名になってきました。

ダイヤは地球上で一番硬い物質と言われていますが、特定の方向に割れやすい劈開性が強く、粘り強さはルビーやサファイアに劣る為、保管方法を間違えると欠けたり割れたりしてしまいます。